Home > スポンサー広告 > 【いまさら聞けないWEB知識】EFOって?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/41-b2292059
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > スポンサー広告 > 【いまさら聞けないWEB知識】EFOって?

Home > いまさら聞けないWEB用語 > 【いまさら聞けないWEB知識】EFOって?

【いまさら聞けないWEB知識】EFOって?

【EFOって?】

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で、エントリーフォーム最適化のことです。

問合せや資料請求などで、メールフォームに入力している途中で項目の多さに断念したり、
送信したのにエラーになったり、前画面に戻ると入力していた情報が全て消えていたり・・・

そんな経験ありませんか?

エントリーフォームでの離脱率は一説には30%程度はあると言われています。


折角、その気になって追い合わせようと思ってくれているユーザーを取り逃がす要因となって
しまっている訳です。

そこで、そんなユーザーを取り逃がさない為にエントリーフォームを最適化して
離脱率を下げることによって、コンバージョン率を高めようとする対策がEFOなのです。

手法としては、入力する項目数を最低限にする。記入例を記載する。エラーを通知してあげる。
など、クリエイティブからシステムまであります。


最近では、入力をナビしていくれるツールなんかもあったりします。


運営者側としてはどうしても、エントリーフォームでたくさんの情報量を取得したく
なってしまうのですが、グッと我慢してまずはユーザーとコンタクトを取れる最低限の
情報を取得することを第一に考えましょう。


スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/41-b2292059
Listed below are links to weblogs that reference
【いまさら聞けないWEB知識】EFOって? from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > いまさら聞けないWEB用語 > 【いまさら聞けないWEB知識】EFOって?

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。