Home > スポンサー広告 > 意外な落とし穴?!ランディングページとホームページ、どちらがメリットが高い?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/40-c1d25c17
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > スポンサー広告 > 意外な落とし穴?!ランディングページとホームページ、どちらがメリットが高い?!

Home > WEBコンサルが教えるノウハウ > 意外な落とし穴?!ランディングページとホームページ、どちらがメリットが高い?!

意外な落とし穴?!ランディングページとホームページ、どちらがメリットが高い?!

今回はLPO(Landing Page Optimization)、
いわゆるランディングページ最適化についてお話したいと思います。


昨今、WEB販促の手法として、SEO・SEMなどを
駆使してホームページへの集客を行う企業や業者が
数多く存在します。


しかし、ただ集客すればいいという時代は終わりました。


制約率を上げなければ意味がない、いかに費用対効果を
向上することができるかが、運営者側のミッションと
なってきたのです。


そこで、数年前からLPOという概念がでてきたのです。
(※LPOとは:ウィキペディア参照)


特に、リスティング広告などによるキーワード1本釣り手法
による集客を行なう場合、ユーザーが検索したキーワードと
ページの関連度が高くないと離脱率が上がってしまうことからも
LPOの重要性は高いものと言えるでしょう。


簡単に言えば、ユーザーが検索した知りたい情報と
関連しないページでは、効果がないということなのです。


一般的にページの階層が深くなるにつれて
離脱率は20~30%減ると言われています。


運営者側としては、出来るだけたくさんの
情報をページに盛り込みたいという思うでしょうが、
ユーザーは自分の欲しい情報以外は興味がないのです。


私は昔、まだLPOの概念がなかった時代も目的ごとに
ホームページを持つべき(当時は「衛星戦術」と名付けていました)と
言っていましたが、ユーザー視点に立った運営が必要なのです。


最近では、サービスごとにランディングページを運営し
集客で成功している企業も多いのですが、


しかし、ここで注意が必要です。


ホームページ作成は数ページ、LPOは1ページで済むので
LPOの方が安上がりだし、簡単だろうと思う方もいらっしゃるでしょう。


これは間違いです。


LPOこそ、設計や分析をしっかり行なった上での企画が必要に
なりますし、制作者の「センス」が明確になるのです。


1ページだからこそ、興味を持たせ、読ませる、その気にさせる
というユーザー心理をどう表現するかが重要なのです。


また、LPOで全てが完結する訳でもありません。


集客戦略・ランディングページ・ホームページの充実・・・
全ての連動があってこそのWEB販促であるべきなのです。


それでは、今回はこの辺で
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/40-c1d25c17
Listed below are links to weblogs that reference
意外な落とし穴?!ランディングページとホームページ、どちらがメリットが高い?! from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > WEBコンサルが教えるノウハウ > 意外な落とし穴?!ランディングページとホームページ、どちらがメリットが高い?!

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。