Home > スポンサー広告 > 答えは1つじゃないから面白い。検索ユーザーの心理を考えた導線を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/33-dbd1b38d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > スポンサー広告 > 答えは1つじゃないから面白い。検索ユーザーの心理を考えた導線を

Home > WEBコンサルが教えるノウハウ > 答えは1つじゃないから面白い。検索ユーザーの心理を考えた導線を

答えは1つじゃないから面白い。検索ユーザーの心理を考えた導線を

「今月、広告費に1万円をかけて100人を集客し1件の成果を得た」
「翌月、広告費に10万円をかけて1000人を集客し10件の成果を得た」

もちろん集客数が増えることで成果が得られる件数は増えますが、
成果率が同じであれば集客に費用を割く意味が薄れてしまいます。

そこで今回は意図的に成果率を向上させる手段をお伝えします!


検索エンジンや各広告媒体から訪れるユーザーは必ず何かしらの
“目的”をもってホームページを訪れます。

例えば下記のような場合。

   [検索されたキーワード] 犬
   [ホームページの内容] ペット販売の総合ショップ

まず“犬”というキーワードそのものが
「飼いたい」のか「調べたい」のか、目的が不明瞭なので
興味をもって閲覧してくれるユーザーとそのまま帰ってしまう
ユーザーに二分化されます。

ここでの対策としては“犬”というキーワードで検索結果の上位で
あっても上記のように二分化を招いてしまうため、
“ペット 犬”や“犬 販売”など目的が明確なキーワードで
上位表示を目指すような対策を打つべきです。


次に“ペット 犬”のようなキーワードでユーザーが訪れた場合。

目的が決まっているのにも関わらずトップページに犬の
情報が見受けられなかったり、導線がわかりにくいと
探す手間がかかるため帰られてしまう可能性が高くなります。

それであれば、アクセス解析で人気のあるキーワード
(この場合は動物の種類など)を抽出し、トップページの目立つ所に
情報を配置したり優位性を掲載することで興味を沸き立たせ、
成果に繋がる可能性を高めることができます。

それでは、今回はこの辺で
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/33-dbd1b38d
Listed below are links to weblogs that reference
答えは1つじゃないから面白い。検索ユーザーの心理を考えた導線を from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > WEBコンサルが教えるノウハウ > 答えは1つじゃないから面白い。検索ユーザーの心理を考えた導線を

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。