Home > スポンサー広告 > “データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/30-bf063c77
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > スポンサー広告 > “データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ

Home > WEBコンサルが教えるノウハウ > “データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ

“データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ

■ 店舗集客用ホームページの必要要素とは・・・?!
  “データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ


ホームページ(WEBサイト)には、企業や店舗により目的が異なります。

● 会社案内
● 商品販売(ネットショップ)
● 商品・サービスPR用
● リクルート用
● キャンペーン用

そして、店舗集客用。

今回はこの店舗集客用のホームページ作成で大切な
必要要素についてを考えてみたいと思います。


まず、店舗集客用のホームページで集客を考える業種としては、

飲食店
クリニック・病院
アパレル
不動産
美容室
クリーニング店
etc.

があるでしょう。

こういった業種はとにかく、ユーザーに実店舗に来て欲しい
来てもらうためにはを考えなければなりません。

ホームページから店舗にきてもらう為には、
『興味喚起』ができるかが、ポイントになります。

ユーザーが何について『興味』を持ってくれているのか、
まずはそれを知ることが必要なのです。


それを知る方法としては、
ネット上の調査とリアルターゲット調査が必要になります。


~~~【ネット上の調査とは】~~~

WEBコンサルティングを行っている会社は大抵行っていますが、
キーワード調査を行うことです。

詳しくはまた別の機会に記載しますが、
インターネット上で検索されているキーワードを調査することが
できます。

例えば、『コラーゲン』というキーワードを調べてみると

・ 効果
・ レシピ
・ 働き
・ お菓子
・ 吸収
・ サプリ
etc.

が複合キーワードとして検索されているということが分かります。
また、コラーゲン関係の検索件数は数万件あります。

このキーワード調査には2つの使い道があります。

① 市場性が分かる
⇒ コラーゲン関係はネット上でかなり調べられている。
  ユーザーニーズのあるキーワードであるが、
  その分ライバルも多いので、どのキーワードに絞るかを
  検討する必要性がある。

② ニーズが分かる
⇒ ユーザーの知りたい情報を提供することで、
  ユーザーマッチングになり、アクセスアップに繋がる。
  (例) コラーゲン料理(お菓子など)のレシピを提供
      コラーゲンの効果についての情報を提供

これらを考えた上でホームページのコンテンツ(情報)やメニューを
決めることができるのです。

検索されていない情報をいくら提供しても、ユーザーが求めていない訳ですから
効果に繋がるはずもありませんよね。



~~~【リアルターゲット調査とは】~~~

リアルターゲット調査は、ユーザーに対するアンケートです。

ネット上のキーワード調査だけでは分からない
ターゲット層に質問するのです。


下記は一部ですが、以前私が調査した結果です。
----------------------------------------------
店舗に行くきっかけは?
① 広告をみて           11%
② 紹介・口コミ           29%
③ 見つけたタイミング       42%
  (歩いている時など) 
④ ネットで探して          18%

店舗に行く前にホームページを確認
① する       96%
② しない      4%

ホームページを見た際に気になることは?
① 場所            33%
② 雰囲気          28%
③ 商品ラインナップ    35%
④ 店員の顔         4%

店舗に行った際に気になることは?
① 商品ラインナップ  25%
② 店員の接客     32%
③ 商品のこだわり   13%
④ 店舗の雰囲気    30%

店舗にもう一度行きたいと思う理由は?
① 店員の接客      33%
② 商品の優位性    40%
③ 場所          21%
④ アフターサポート   6%

人に紹介する際に使うツールは?
① ブログ       14%
② ツイッター     14%
③ メール       36%
④ 電話        29%
⑤ mixi         7%

※アンケート対象:22歳~34歳  女性30名程度
----------------------------------------------


このアンケートで明らかになったのは、

まず、店舗に行くきっかけは、紹介やタイミングという
ネットと関係ないことの割合が高いということ。
WEBだけではなく、紙媒体や看板広告など
各種集客ツールも活用すべき必要があるということです。

もちろん、紹介や口コミで知った人は訪問前に
ホームページを確認するということなので、
ホームページの必要性は高いのです。

また、そのホームページを確認する際は、
場所や店舗雰囲気、商品ラインナップを気にするということ。

検索エンジン対策(SEO)を行う際には、
エリアも入れる必要があり、コンテンツとしては、
店舗の雰囲気を伝えるための施策が必要ということが分かります。

また、知り合いなどに紹介する際は、意外とWEBツールではなく、
電話やメールなどのツールを使っていないことも判明しました。


このように、仮定していたものが実は異なっていたり、
重要視しているポイントが見えてきたり、
ユーザーの想いが分かります。

こういった調査はホームページ作成会社やWEBコンサル会社に
どこまでを依頼するかによって、費用は変ってくると
思いますが、想定で作成するのではなく
根拠のあるサイトにしないと効果に繋がらないということになります。

また、ホームページ上でいくら素晴らしいことを語っていても
実店舗に行った際に幻滅しないように注意しなければ
なりません。。。

これもまた、ネットとリアルの融合になってくるのです。


それでは、今回はこの辺で・・・
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://aimailmagazine.blog134.fc2.com/tb.php/30-bf063c77
Listed below are links to weblogs that reference
“データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ from WEBコンサルアイディア貯蔵庫

Home > WEBコンサルが教えるノウハウ > “データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。