Home > 2010年09月

2010年09月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

《面白サイト紹介【ツイッター関連③】》 ~tweetbuzz、pasya!、twitraq~

昨日に引き続き、ツイッター関連のツールや情報提供サイトの
第3弾です。

第1弾はこちら
第2弾はこちら


【その8】---------------------------------
tweetbuzz
ツイッターでつぶやかれているURLを収集し、
『いま』旬のサイトがわかるWEBサービス
----------------------------------------

【その9】---------------------------------
pasya!(パシャ)
ツイッターアカウントを使用してできる
フォトコミュニケーションサービス。
----------------------------------------

【その10】---------------------------------
twitraq
ツイッターの発言に対するユーザーの反応を
自動収集し、解析するサービス
(フォロワー数TOP20)
(フォロー数TOP20)
(発言数TOP20)も見れる。
----------------------------------------

《面白サイト紹介【ツイッター関連②】》 ~Batotter、Twinavi、IS Parade、TweetsWind~

今回は、ツイッター関連のツールや情報提供サイトの
第2弾をご紹介します。

第1弾はこちら


【その4】---------------------------------
Batotter
ツイッターアカウントを入力して対戦できる
勝ち抜きバトル"バトったー
----------------------------------------


【その5】---------------------------------
Twinavi
ツイッター公式ナビゲーター
----------------------------------------


【その6】---------------------------------
IS Parade
ツイッターでつながりあった人たちで、
いろいろなパレードを楽しめるパレード・ジェネレーター
----------------------------------------


【その7】---------------------------------
TweetsWind
フォロワーを同時に表示できるブログパーツ
----------------------------------------

ユーザーを絞って効率アップ!御用聞きサイトにならないためのWEBサイト設計とは?!

  • Posted by: web販促研究家
  • 2010-09-28 Tue 10:27:09
  • 未分類
■とにかく問合せがほしい!
 でも、本音はニーズが合致しているユーザー層からの問合せが欲しいですよね。



問合せは多少あるが、仕事に繋がらない問合せばかり・・・
ある意味、御用聞きのサイトになっているという話しをよく聞きます。


選んで問合せするのはユーザー、
問合せをもらえるだけでもありがたい・・・
だからしょうがないと思われている方は多くいらっしゃると思います。

選ぶのはユーザー・・・でも、サイト運営者側もユーザーを
選ぶことはできるのです。


ではどうすればいいか?


単純ですが、表記することです。
検索結果のタイトル文やリスティング広告のタイトル文
に設定しておき、サイト上にも表記しておくのです。


例えば、個人より法人に問合せしてほしい場合
【法人向け】○○サービス
【法人限定サービス】△△


また、事例や実績で紹介する際にも
法人のみを掲載する等の情報自体に法人向けを
連想させる文章や写真を配置しておくのです。


その他、
ユーザーごとに層を分け、その段階に向けた情報提供
することも、問合せの質を向上させる手段です。

① 導入することは決まっていて業者選定している段階 
② 導入すること前提だが、まだ検討段階
③ 導入することを検討している段階
④ 情報収集のみの段階

また、メールフォームなどの問合せ方法で絞る手も
あります。一般的に問合せフォームの項目数が多いと
問合せ率は下がるという傾向がありますが、
本気度の高いユーザーなら項目数が多くても入力してくれます。

わざと項目を多くし、本気度の高いユーザーのみを
獲得するという方法もあります。

閲覧者は勝手に情報を読み取って、
自分に合わないと思うものは排除します。


このように『ろ過』するようにサイト上で
自社がほしいユーザー層に絞っていくことが
可能なのです。

しかし、意外とそれができていないホームページが
多いのも事実です。

理由としては、絞るのはいいが問合せが減ってしまうのは・・・
と懸念の下、決断できないケースが多いようです。

しかし、そもそも問合せをもらっても
仕事に繋がらないものは時間の無駄になっているので、
なんとかしたいと思っているはずですし、
全体の母数が減っても、意味ある問合せが増える方が
最終的な成果には繋がるはずです。


また、サイトで興味を持ったが、法人でないと駄目なのか・・・
個人だが、一度問い合わせてみようと思って
問合せしてきてくれた個人の方は、見込み度の高いお客様なのです。


運営者側の決断が問合せの質を上げるスタートなのです。


それでは、今回はこの辺で・・・
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

《面白サイト紹介【SEO関連】》 ~フェレット、SEOチェキ!、ALGO~

今回はSEO関連ツールをご紹介致します。


【その1】---------------------------------
Ferret(フェレット)
キーワードアドバイスツール。
ネット上での検索ニーズを調べることができるツール。
----------------------------------------


【その2】---------------------------------
SEOチェキ!
サイトSEOチェックツール
URLを入力で自社サイトの各種状況(順位・キーワード比率・インデックス数)
がチェックできる。
----------------------------------------

【その3】---------------------------------
ALGO
キーワード難易度チェックツールや被リンク、関連キーワードを
調べることができるSEOポータルサイト

(ALGO内のSEOツール各種)~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1) EAGLE 3.0
入力したキーワードの上位表示難易度を算出するSEOツール。
Yahoo!とGoogleどちらかの上位10ページのデータも表示。


(2) FALCON 2.0
入力したURLの被リンクを解析するSEOツール。
被リンクに関する各種データを表示。


(3) CONDOR β ver.
入力したキーワードの関連検索ワードを収集するツール。
表示された関連ワードの右側のボタンをクリックすることで、
そのワードに関する情報を様々な検索やツールで調べることが出来きる。
----------------------------------------

イチロー選手にみるホームページ運営方法とは?!

  • Posted by: web販促研究家
  • 2010-09-25 Sat 21:32:17
  • 未分類
先日、イチロー選手が10年連続200本安打を達成しました。
日本でもアメリカでも結果を残したイチロー選手。。。


そこには、才能と努力があってのものだと思いますが、
イチロー選手と言えば、毎日カレーを食べる。試合前のルーティンを変えないなど、
「継続」を続ける選手としても有名です。


毎日同じことを続けるということは、
簡単そうでとても難しいことだと思います。


しかし、その「簡単そうで難しいこと」を続けるからこそ、
結果も継続できているのだとも思います。


「継続は力なり」・・・
成功するには理由があるのです。


これは、どの業界でも言える事だと思います。


ホームページ集客も同様ではないでしょうか。
いわゆる一発屋では意味がないのです。

確かに、たくさんお金をかけてリンクを買ってSEO対策をし、
一時的に上位に上がっても、スパム認定されて順位が
下がってしまっては全く意味ないはずです。

では、ホームページ運営での「継続」とは何でしょうか?

それは、

『情報更新』です。

定期的に情報を配信していくということは、
とても大変なことです。

しかし、ユーザーに有益な情報を随時配信していくこと
は、ユーザーにも検索エンジンにも信頼される
ホームページなはずです。

そうして、結果的に効果に繋がっていくので、
どの業界でも一流であるには理由があるという
ことだと思います。


それでは、今回はこの辺で、
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。




答えは1つじゃないから面白い。検索ユーザーの心理を考えた導線を

「今月、広告費に1万円をかけて100人を集客し1件の成果を得た」
「翌月、広告費に10万円をかけて1000人を集客し10件の成果を得た」

もちろん集客数が増えることで成果が得られる件数は増えますが、
成果率が同じであれば集客に費用を割く意味が薄れてしまいます。

そこで今回は意図的に成果率を向上させる手段をお伝えします!


検索エンジンや各広告媒体から訪れるユーザーは必ず何かしらの
“目的”をもってホームページを訪れます。

例えば下記のような場合。

   [検索されたキーワード] 犬
   [ホームページの内容] ペット販売の総合ショップ

まず“犬”というキーワードそのものが
「飼いたい」のか「調べたい」のか、目的が不明瞭なので
興味をもって閲覧してくれるユーザーとそのまま帰ってしまう
ユーザーに二分化されます。

ここでの対策としては“犬”というキーワードで検索結果の上位で
あっても上記のように二分化を招いてしまうため、
“ペット 犬”や“犬 販売”など目的が明確なキーワードで
上位表示を目指すような対策を打つべきです。


次に“ペット 犬”のようなキーワードでユーザーが訪れた場合。

目的が決まっているのにも関わらずトップページに犬の
情報が見受けられなかったり、導線がわかりにくいと
探す手間がかかるため帰られてしまう可能性が高くなります。

それであれば、アクセス解析で人気のあるキーワード
(この場合は動物の種類など)を抽出し、トップページの目立つ所に
情報を配置したり優位性を掲載することで興味を沸き立たせ、
成果に繋がる可能性を高めることができます。

それでは、今回はこの辺で
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

【いまさら聞けないWEB知識】SEMとSEOの違い

検索エンジンを使ったマーケティングや
検索エンジンに好かれるようにする、SEM、SEOと呼ばれる手法。
最近よく耳にする機会が多いと思いますが、違いはご存知でしょうか。

★SEM(Search Engine Marketing)★
検索エンジンを使ったマーケティングの事で
主に検索サイト上に広告を掲載して、アクセス数を増やす手法です。
最近主流となっている広告は、リスティング広告と言い
予め、広告枠を購入しすることで
検索された際に自サイトの広告を表示させます。

例えば
和食と検索をしたら、日本料理のお店、
イタリア料理と検索をしたら、イタリア料理のお店
の広告を検索した検索結果画面の上部や右側に表示してくれます。

検索したキーワードに対して、興味を持っているユーザーが多く
売り上げに繋がりやすく、予算を組みやすいのが特徴です。


★SEO(Search Engine Optimization)★
検索エンジンが検索順位を決める仕組み分析し、
検索エンジンに最適化し、特定のキーワードで上位を目指す手法を指します。

注意していただきたいのが、SEOに関しましては
非常に不安定で、不確実な要素が多い点です。
検索エンジンの仕組みは日々変化し、様々な要因で
順位の上下が起こります為、

「対策を行ったから、上位に表示されるようになった」

と100%言い切れるものではありませんので、注意が必要です。




大阪市東淀川区上新庄の訪問介護は有限会社クオリティ
 

ホームページも鮮度が命!

ホームページも鮮度が命!

例えば、企業のホームページに訪問した際、
最終更新日が数年前、数ヶ月前であった場合どう思われますか?

「信用できるの?」
「もう既に倒産してしまったのでは?」

など、その企業に対する不信感すら抱く方もいらっしゃいます。

更新を行ったからといって、油断は禁物です。
「会社の住所が変わったので会社概要ページを更新をした」
「新しいサービスを開始したから新しいページを作った」

これらの更新は、「いつ更新したか。」ユーザーに伝わりにくい内容です。

ホームページの運営車がよく更新している内容としては、
 ・新製品、新サービスのお知らせ。
 ・イベント、キャンペーン情報などの告知
 ・新店舗オープン
 ・組織変更、移転のお知らせ

しかしながら、業態によりましては、「うちは更新する内容がないんだよね」
ということを耳にします。
その場合、この様な内容を書き込んでいただいては、いかがでしょうか。
 ・事務所レイアウトの変更
 (現場の雰囲気を伝えることができ、有効です。)
 ・新入社員入社のお知らせ
 (お客様と会う機会が多い方が入社された場合は特に効果的です。)
 ・夏季、年末年始休暇などのお知らせ
 (営業日を伝えることにより、活動している企業であると伝える事が出来ます。)

逆に書き込んで、逆効果になるような内容といたしましては
 ・内部や一部の関係者にしかわからないような記事
 ・個人的な内容の記事
 ・反社会的な内容の記事
 ・おくやみなどの暗い記事

インターネットは世界中のどこからでもアクセスができるため、
様々な方が訪問してきます。多くのユーザーに好印象を持ってもらうため、
プラスのイメージを与える明るい内容の文章にする事を心がけ、
写真のアップロード機能が付随している場合、
誰が見てもわかるように出来るだけ写真をアップロードするようにし、
雰囲気を伝えることが重要です。
また、更新頻度の高いサイトは検索エンジンからの評価も高くなります。

それでは、今回はこの辺で
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

“データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ

■ 店舗集客用ホームページの必要要素とは・・・?!
  “データ収集”もネットとリアルの融合で失敗しないWEBコンサルのススメ


ホームページ(WEBサイト)には、企業や店舗により目的が異なります。

● 会社案内
● 商品販売(ネットショップ)
● 商品・サービスPR用
● リクルート用
● キャンペーン用

そして、店舗集客用。

今回はこの店舗集客用のホームページ作成で大切な
必要要素についてを考えてみたいと思います。


まず、店舗集客用のホームページで集客を考える業種としては、

飲食店
クリニック・病院
アパレル
不動産
美容室
クリーニング店
etc.

があるでしょう。

こういった業種はとにかく、ユーザーに実店舗に来て欲しい
来てもらうためにはを考えなければなりません。

ホームページから店舗にきてもらう為には、
『興味喚起』ができるかが、ポイントになります。

ユーザーが何について『興味』を持ってくれているのか、
まずはそれを知ることが必要なのです。


それを知る方法としては、
ネット上の調査とリアルターゲット調査が必要になります。


~~~【ネット上の調査とは】~~~

WEBコンサルティングを行っている会社は大抵行っていますが、
キーワード調査を行うことです。

詳しくはまた別の機会に記載しますが、
インターネット上で検索されているキーワードを調査することが
できます。

例えば、『コラーゲン』というキーワードを調べてみると

・ 効果
・ レシピ
・ 働き
・ お菓子
・ 吸収
・ サプリ
etc.

が複合キーワードとして検索されているということが分かります。
また、コラーゲン関係の検索件数は数万件あります。

このキーワード調査には2つの使い道があります。

① 市場性が分かる
⇒ コラーゲン関係はネット上でかなり調べられている。
  ユーザーニーズのあるキーワードであるが、
  その分ライバルも多いので、どのキーワードに絞るかを
  検討する必要性がある。

② ニーズが分かる
⇒ ユーザーの知りたい情報を提供することで、
  ユーザーマッチングになり、アクセスアップに繋がる。
  (例) コラーゲン料理(お菓子など)のレシピを提供
      コラーゲンの効果についての情報を提供

これらを考えた上でホームページのコンテンツ(情報)やメニューを
決めることができるのです。

検索されていない情報をいくら提供しても、ユーザーが求めていない訳ですから
効果に繋がるはずもありませんよね。



~~~【リアルターゲット調査とは】~~~

リアルターゲット調査は、ユーザーに対するアンケートです。

ネット上のキーワード調査だけでは分からない
ターゲット層に質問するのです。


下記は一部ですが、以前私が調査した結果です。
----------------------------------------------
店舗に行くきっかけは?
① 広告をみて           11%
② 紹介・口コミ           29%
③ 見つけたタイミング       42%
  (歩いている時など) 
④ ネットで探して          18%

店舗に行く前にホームページを確認
① する       96%
② しない      4%

ホームページを見た際に気になることは?
① 場所            33%
② 雰囲気          28%
③ 商品ラインナップ    35%
④ 店員の顔         4%

店舗に行った際に気になることは?
① 商品ラインナップ  25%
② 店員の接客     32%
③ 商品のこだわり   13%
④ 店舗の雰囲気    30%

店舗にもう一度行きたいと思う理由は?
① 店員の接客      33%
② 商品の優位性    40%
③ 場所          21%
④ アフターサポート   6%

人に紹介する際に使うツールは?
① ブログ       14%
② ツイッター     14%
③ メール       36%
④ 電話        29%
⑤ mixi         7%

※アンケート対象:22歳~34歳  女性30名程度
----------------------------------------------


このアンケートで明らかになったのは、

まず、店舗に行くきっかけは、紹介やタイミングという
ネットと関係ないことの割合が高いということ。
WEBだけではなく、紙媒体や看板広告など
各種集客ツールも活用すべき必要があるということです。

もちろん、紹介や口コミで知った人は訪問前に
ホームページを確認するということなので、
ホームページの必要性は高いのです。

また、そのホームページを確認する際は、
場所や店舗雰囲気、商品ラインナップを気にするということ。

検索エンジン対策(SEO)を行う際には、
エリアも入れる必要があり、コンテンツとしては、
店舗の雰囲気を伝えるための施策が必要ということが分かります。

また、知り合いなどに紹介する際は、意外とWEBツールではなく、
電話やメールなどのツールを使っていないことも判明しました。


このように、仮定していたものが実は異なっていたり、
重要視しているポイントが見えてきたり、
ユーザーの想いが分かります。

こういった調査はホームページ作成会社やWEBコンサル会社に
どこまでを依頼するかによって、費用は変ってくると
思いますが、想定で作成するのではなく
根拠のあるサイトにしないと効果に繋がらないということになります。

また、ホームページ上でいくら素晴らしいことを語っていても
実店舗に行った際に幻滅しないように注意しなければ
なりません。。。

これもまた、ネットとリアルの融合になってくるのです。


それでは、今回はこの辺で・・・
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

~業界シェアと検索順位の関連はあるのか?~【余計なお世話ですが、ちょっと調べてみました】

今や生活において、なくてはならない存在のコンビニエンスストア…
私もほぼ毎日行っています。

店舗数や来店客数はどの位かご存知ですか?

店舗数は42,000店舗あり、来店客数も年間136億人、月当たり9回は
コンビニに買い物に行っている計算になります。
(参考:(社)日本フランチャイズチェーン協会

では、コンビニの業界シェアと検索エンジンでの順位は
関連するのか?という興味が沸いたので、ちょっと調べてみました。


まず、業界シェア。
第1位 セブンイレブン (業界シェア:34% 売上げ:2兆3000億)
第2位 ローソン     (業界シェア:23% 売上げ:1兆5500億)
第3位 ファミリーマート (業界シェア:18% 売上げ:1兆2400億)
第4位 サークルKサンクス (業界シェア:13.9% 売上げ:9400億)
第5位 ミニストップ    (業界シェア:4.5% 売上げ:3000億)
(参考:業界動向 SEARCH.com


では、検索エンジンで『コンビニ』で検索した結果。

【グーグル】
1位 セブンイレブン・ジャパン
2位 ファミリーマート
3位 ローソン
4位 サークルkサンクス
5位 デイリーヤマザキ

【ヤフー】
1位 セブンイレブン・ジャパン
2位 ファミリーマート
3位 ローソン
4位 サークルKサンクス
5位 スリーエフ

(2010年9月19日現在)
でした。

結果として、シェアと検索エンジンでの結果はほぼ同じでした。
(SEO順位はファミリーマートが上でしたが。。。)

業界シェア上位の企業はは検索エンジン対策も力をいれて
いるのでしょう。

今後、業界シェア2位のローソンが、SEO順位2位のファミリーマートを
抜くことがあるのかは楽しみです。

ちなみに、ツイッターを導入していたのは、
ローソンだけでした。。。

WEB業界はおかしなことだらけ?!あるWEBコンサルタントとクライントの会話

WEB販促に関する情報(ホームページ作成やSEO対策、ネット広告)は
一般の方にはとても分かりづらいものだと思います。

WEBコンサルの人に言われれば、よく分からなくても
納得させられてしまう、
また、客観的に聞けば“おかしい”と思うことも
よく分からないままに進んでしまって後で後悔・・・
という話しはよく聞きます。

WEBに纏わるそんなよくあるを会話形式で紹介したいと思います。



まず、誰でも“おかしい”と分かる例・・・
【営業コンサルタントとクライアントとの会話】
--------------------------------------------------------

クライアント: 「営業の業績が上がらないのだが、どうにかならないか?」

コンサルタント: 「なるほど、わかりました!
           それでは、営業マンを全員イケメン(顔のいい男)に
            して、ブランドものの格好いい服を着せましょう!」

クライアント: 「はぁ・・・・・・!?」

-------------------------------------------------------

おかしいですよね。
ホストクラブならまだしも、営業成績を上げるために全員イメメンにして
成績が上がる訳もないですよね。

では、この会話をホームページ作成の会話に置き換えてみましょう。


【WEBコンサルタントとクライアントとの会話】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クライアント: 「ホームページからの効果が上がらない、どうにかならないか?」

WEBコンサル: 「なるほど、わかりました!
        それでは、デザインを変えて、フラッシュを盛り込んで
        格好良くリニューアルしましょう。」

クライアント: 「なるほど!そうか、やはりデザインだな!早速取り掛かってくれ」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

営業コンサルタントとWEBコンサルタントは基本、同じことを言っているのですが

実はWEBコンサルタントとクライアントとの間でよくある会話です。


これらの“おかしい”点は根拠がないことです。

理由がユーザーが求めているデザインならデザインを変える必要があるでしょう

しかし、根本的な原因が何なのかを調査しないままに
デザインだけをリニューアルしても意味がありません。

このような状況にならない為には、
コンサルタントに任せきりにするのではなく、
なにが問題なのかの状況を調査し、把握した上で
の提案を受けるかなのです。


それでは、今回はこの辺で、
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

【ちょっと実験してみました】 3日間で何フォローしてもらえるか?!

今回は、今何かと話題のツイッター。
このツイッターで3日間で何フォローしてもらえるかを
実験してみました。


私が、ツイッターを始めたのは、6月頃でした。

しかし、本当の一人つぶやきを目指して、一切フォローしませんでした。

すると、当然ながらフォローされない日々・・・

3ヶ月経っても、フォローされている数は一桁。

やはり、フォローしないとフォローは増えないのだ・・・ということが分かり、
逆にフォローするれば、フォローされるのか?
という疑問がでてきました・・・


そこで、3日間で何フォローしてもらえるか?!
という実験をしてみました。


結果は・・・


3日間で1487フォローし、1069フォローされましたので、
目標の1000のフォローを突破しました。
(大したことないと思われる方もいらっしゃると思いますが・・・)
WEB販促研究家のWEBコンサルツイッター


今回は客観的な視点でWEBコンサルを行なう為の実験をしてみました。
今後もちょいちょい、色々実験していきたいと思います。


それでは、今回はこの辺で、
あたなの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

~お寺さんもSEO対策する時代?~【余計なお世話ですが、ちょっと調べてみました】

最近、めっきり涼しくなってきまして
秋も近づいてきていると感じる今日この頃です。

秋と言えば、〔中秋の名月〕
ということで、
ちょっと調べてみました。


月見といえば、寺・・・(?)ということで、
『寺』をネット検索してみました。


『寺』での検索結果、
グーグル第1位は
興福寺のウィキペディア

ヤフーの第1位は、
寺院のウィキペディア

私が知りたかったのはどこの『お寺さん』が
検索第1位なのか?だったので、


『寺 ホームページ』で検索しました。
ヤフー: 64,700,000件
グーグル: 1,640,000件


グーグル第一位は・・・
興福寺

ヤフー第一位は・・・
東大寺


両方とも有名なお寺さんでした。


ここからが、余計なお世話なのですが、
SEOツールで調べてみました。

-------------『興福寺』--------------
ページランクは5
ドメイン使用年数も10年近く、
ヤフーカテゴリや有名サイトへの登録済み
インデックス数も数百ありました。
被リンク数も数百~数万
-----------------------------------

-------------『東大寺』--------------
ページランクは5
ドメイン使用年数も10年以上、
ヤフーカテゴリや有名サイトへの登録済み
インデックス数も数百ありました。
被リンク数も数百~数万
-----------------------------------


なるほど、それなりにSEO対策をしている感じです。
もしくは、知らず知らずに対策になっているのかは分かりませんが、
お寺さんもSEO対策する時代なのですね。。。

(調査日:2010年9月15日)


--------------------------------
中秋の名月は旧暦の8月15日で、
ちなみに今年は9月22日とのことです。
(実際の満月は9月23日のようです)
参照サイト: こよみのページ
--------------------------------

《面白サイト紹介【ツイッター関連①】》 ~ツイットヤム、ついっぷるフレンズ、ついもと~

今回はツイッター関連のツールを提供しているサイトを
紹介したいと思います。
他にもたくさんあると思いますが。。。



【その1】---------------------------------
ツイットヤム
自分の今のツイッターの価値を算出してくれるサイト
----------------------------------------

【その2】---------------------------------
ついっぷるフレンズ
Twitterのフォローおよびフォロワーを
簡単に管理できるサービスサイト
----------------------------------------

【その3】---------------------------------
ついもと
テレビ番組や動画などを見ながら、携帯電話で
Twitterを利用するためのウェブサービスサイト
----------------------------------------

【その4】---------------------------------
JustUnfollow
フォローしてくれないTwitterユーザーを一括フォロー解除ツール
----------------------------------------

今からはじめられる!お金をかけないSEO対策

ホームページ構築時に基本的な対策は講じると思いますが、近年
検索エンジンの評価方法も頻繁に変わるようになり、次々に対策を講じなければ
順位を維持できなくなる例も珍しくなくなってきました。

分かっちゃいるけど、順位が上下する度に、一喜一憂してしまう・・・
WEBコンサルの会社やSEO会社に外注して、対策してもらうべきか・・・
でも対策ばかりにお金をかけていられない…

そんなお悩みの方のために今回は今からすぐできる無料のSEO対策をご紹介します。


 ★無料の同業種リンク集に登録する★
  登録時、ホームページのタイトルや紹介文に対策したいキーワード
  (順位を上げたいキーワード)を必ず含めましょう。
  例) WEBコンサル・ホームページ作成のことならWEBコンサルアイディア貯蔵庫

 ★無料ブログをはじめる★
  単なる日記ではあまり意味がありません。きちんとホームページに沿った
  テーマで更新します。毎回、記事の終わりに自身のホームページへの
  リンクを掲載してください。これも立派な被リンク、導線になります。
  リンクに対策キーワードを含めるとより効果的です。

 ★まめに新着情報(トピックス)を更新する★
  当社の更新プログラムが入っている場合、その箇所を頻繁に
  更新することで検索エンジンが「ちゃんと更新している良いサイト」と
  プラスの評価をしてくれます。更新頻度も重要な評価対象です。


上記を行うことですぐに効果が表れるわけではありませんが、
地道な努力の積み重ねは検索エンジンも評価してくれます。

そんなの知ってるよ、即効性はないよ、と言われる方も多いと思いますが、
知ってるとやってるとは大きな違いです。

まずは、始めてみることです。

それでは今回はこの辺で、
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。






【いまさら聞けないWEB知識】リスティング広告って?

 ■■■ リスティング広告って何? ■■■
 リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleで検索した際に、
 検索結果の上部や右側に出てくる スポンサードサーチ、
 スポンサーリンクと呼ばれる広告枠のことです。

 【他の広告とココが違う!】
 ・好きなキーワードを選び、1円から出稿可能!
 ・クリックされた分だけ支払う、クリック課金型広告!
 ・広告の表示順位は、入札価格(オークション形式)で決まる!



 ■■■ どんなメリットがあるの? ■■■
 これらはユーザーが検索したキーワードに合わせて表示されます。
 そのためユーザーの検索目的との一致性が高く、
 広告を表示させるキーワードの選定や訴求力のあるタイトル、
 コメントで掲載することによって成果に繋げやすくなるのです。

 他にもSEOと違い予算やキーワード次第でいくらでも
上位に表示させることができ、申込み後すぐに掲載されるため、
即効性もあります。
 また、エリア別やニーズ別等、
より具体的なターゲティングが可能となっています。

 今もっとも注目を浴びている宣伝手法です。

ブログ活用術!効果的なホームページ誘導方法

ホームページへのアクセス数を伸ばす対策として
SEO(検索エンジン最適化)、ネット広告の出稿などさまざまな方法が
考えられますが、今回は外部サービスのブログを活用し
ホームページへ誘導、集客する方法をご紹介します。

FC2ブログやアメーバブログ、Yahoo!ブログなどの無料ブログサービスを、
日記やサービス紹介として活用している方もたくさんいらっしゃいますが
使い方を工夫するだけでもっと強力な集客ツールになります。


 ■■■ホームページに関連するキーワードを記事に含ませる!■■■

 ホームページ上で対策しているキーワードや、ユーザーに検索される
 可能性があるキーワードを記事へ積極的に取り入れることで、
 ブログ自体が検索エンジンに拾われる可能性が高くなります。


 ■■■記事の中に必ずホームページへのリンクを入れる!■■■

 記事を書く都度、必ず自分のホームページへのリンクを張りましょう。
 リンク元とリンク先の関連性が高いリンクほど検索エンジンは
 高く評価してくれます。ホームページ上で対策しているキーワードを
 文章内に取り入れ、そのキーワードにリンクの設定をすると効果的です。


非常に地道な作業ですがサイト運営を何年も続けることを考えると、
こうした小さい作業の積み重ねが大きな土台となってきます。
中長期のサイト運営を考えている方は、ぜひお試しください!

それでは今回はこの辺で、
あなたのWEB販促ライフをお祈りしています。

検索エンジンで安定していた順位が突然下がった?!

  • Posted by: web販促研究家
  • 2010-09-11 Sat 12:56:54
  • 未分類
「しばらく安定していたホームページの検索順位が急激に下落してしまった」
なんてことはありませんか?このような場合、検索エンジンの「アルゴリズム」が
影響している可能性が高いとされています。

「アルゴリズム」とは、いわば順位付けのルール。
Yahoo!やGoogle等の検索エンジンは常にユーザーの
使いやすさを考えて進化しているため、時に評価の仕方を変えることがあります。

先日もヤフーとグーグルの提携が発表され、
『ヤフーがグーグルの検索アルゴリズム技術と検索広告を採用する』という
センセーショナルなニュースが流れ、今後どうなってしまうのだろう…と
思われる方も多いと思います。

確かに安定するまでは、順位変動が起こる可能性はあるでしょう。

しかし、検索エンジンの使命は『ユーザーに有益な情報を提供すること』なはずですから
ユーザー視点の情報を提供していれば、必ず評価されるはずです。


順位が急激に変わったからといって慌てないでください。
アルゴリズム更新後は順位変動を繰り返すため、
あらゆるホームページの状況をもとに傾向を把握し、
評価の対象を見極めた上で対策を講じなければ意味を成しません。

検索エンジンでの順位を維持・向上させるためには、
定期的に調査・分析を行う必要があります。
そして、その結果をもとに必要に応じて対策を見直すことが大切です。


(関連記事)
検索順位に一喜一憂していませんか?検索エンジンに踊らされない為の対策とは!?


それでは、今回はこの辺で・・・
あなたの有意義なWEB販促ライフをお祈りしています。

ホームページ改善の“PDCAサイクル”とは

ホームページを改善するために、
まず何から始めて良いかと考えてしまいませんか?

ビジネスの上でもよく用いられる「PDCAサイクル」。
これはホームページの改善やWEBコンサルにおいても同じことが言えます。
今回は一連のサイクルを基に改善を行っていく方法をご紹介いたします。


 【ホームページにおけるPDCAサイクル】

 ◆Plan 『目標を設定し、それを実現するための設計』
   (例:お問い合わせ数、売上数などの目標設定および設計)
      ↓
 ◆Do 『計画を実施。その内容を測定』
   (例:設計を基にキャンペーン等を実施)
      ↓
 ◆Check 『測定した結果を検証し、データをまとめる』
   (例:「目標値」と「実際の値」を比較)
      ↓
 ◆Action 『まとめたデータをもとにサイトを改善する』
   (例:改善策を設定をし、ホームページに反映する)


PLAN(設計)→Do(実行)→Check(検証)→Action(改善)→Plan(設計)…
この流れを繰り返すことにより、目標に近付くように改善していきます。

自社でやるにも、WEBコンサルやホームページ作成会社に依頼する時も
概念は同じです。

場当たり的ではなく、計画性をもって取り組むことが、
成功への近道であることは言うまでもありません。


それでは、今回はこの辺で・・・
あなたの有意義なホームページ販促ライフをお祈りしています。


ユーザーからみた「困ったホームページ」とは・・・?!

今回はユーザーの立場からみた「困ったホームページ」の例を、
ちょっとしたアドバイス付きでお送りいたします。


■■■「サイトの情報が数ヶ月更新されない(停滞する)」■■■

ホームページはあるものの、古い情報のまま放置されている・・・
世の中にはそういったホームページも数多く存在します。しかし、
ユーザーは更新されていないホームページからはどんどん離れていきます。
あまりにも長期間放置していると、企業のマイナス評価に繋がることも。
これではせっかくの情報提供の場も台無しです。

★Advice★ ⇒
更新する「ネタ」がないのであれば、定期的に更新できるブログを
始めるのも手ですし、こまめにキャンペーンを実施するのも効果的です。
“生きた”ホームページにできるかは運営側のモチベーションに懸かっています。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

■■■「“準備中”のコンテンツが多い」■■■

制作上の都合で、どうしても資料が間に合わなかったり、
情報がまとまらなかったりすることは多々あります。
そういった際、ホームページの公開に間に合わせるため「準備中」で
対応することも珍しくありません。

しかし、どこもかしこも準備中では、せっかく訪問してくれたユーザーが
離れていってしまうばかりか、サイトの質を下げることにも繋がります。

★Advice★ ⇒
最低限、主力コンテンツだけでもしっかりと制作した上で公開しましょう。
数ヶ月準備中になることが事前にわかっているコンテンツが
あるのであれば、予めメニューからはずしておくのも良いと思います。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

■■■「トップページからオールFlashになる」■■■

昔流行った、いわゆる「入口ページ」から「トップページ」へ
誘導する際に用いられた手法です。
しかしFlashを嫌うユーザーが実は結構多いのです。
SEOの観点からもオールFlashはおすすめしておりません。

★Advice★ ⇒
例えばメインヴィジュアルの部分やメニュー以外の部分を
Flashにするなどの配慮が必要です。
極端に長いFlashも訴求力に欠けるため“スキップ”ボタンを
設けてキャッチコピーへ飛ばすなどの工夫をしましょう。


それでは、今回はこの辺で・・・
あなたの有意義なホームページ販促ライフをお祈りしています。

【いまさら聞けない、WEB知識】 SEOって?

●○●【そもそもSEOって何?】●○●

SEOとは検索エンジン最適化と呼ばれるもので、自身のサイトがGoogleやYahoo!
といった検索エンジンの上位に表示されるようにするための対策です。

検索エンジンはユーザーの視点に立って表示順位を決定しています。
例えば“ホームページ作成”と検索したにも関わらず、
その単語がサイト内に含まれているだけで、実はまったく関係のないサイト
だったとしたら、検索する側にとっては非常に不便です。

「ルールに基づいた構造」「キーワードに沿った内容」
「さまざまなサイトからの評価(被リンク)」

検索エンジンは主にこれらに基づいてサイトを評価し、
検索結果の順位を決定することで使い勝手を向上させています。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

●○●【なんでSEOが必要なの?】●○●

もちろんホームページ制作時や
キーワード選定の際に基本的な対策は講じます。

しかし、検索エンジンは日々変化しています。たとえその時上位に表示されていた
としても、そのまま身を委ねるだけではいつ順位が下降してもおかしくありません。
また、そのキーワードで必ずしも効果が得られるとは限らないのです。

さらに上位への表示を目指したり、一定の順位をキープしたりするためには、
検索エンジンの動向を定期的に調査・分析したうえで、
継続的な施策を講じることが必要不可欠です。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

●○●【上位を目指すのにメリットはあるの?】●○●

「検索エンジン利用者の7~8割が検索結果の3ページ目までしか
見ない」という調査結果があります。

つまり、自身のサイトを上位表示させることにより、より多くのユーザーを
集めることができるのです。反対に、人が集まらなければいくらホームページを
改善しても意味をなさなくなります。


《面白サイト紹介》 ~ミルクってサプリかも、大久保秀夫 『解体新書』、植毛探偵団~

私がネットサーフィン(死語?)をしていて、
たまたま見つけた、面白いと思ったサイトを紹介していきたいと思います。


【その1】-----------------------------------------------------
ミルクってサプリかも。》
http://www.j-milk.jp/supplement
牛乳をサプリとして切り口にする啓蒙サイト。
---------------------------------------------------------------


【その2】-----------------------------------------------------
大久保秀夫 『解体新書』
http://www.ohkubohideo.jp
上場企業の会長の理念や歴史を解体という面白い切り口で紹介するサイト。
---------------------------------------------------------------


【その3】-----------------------------------------------------
植毛探偵団
http://www.shokumou-tantei.com
仮想の探偵団が植毛についてを面白おかしく提供している情報サイト
---------------------------------------------------------------

また、見つけたら報告します。

手形割引の即日現金化、手形割引の割引率や年率のことならエスワイシーにお任せください。 手形割引の即日現金化、手形割引の割引率や年率のことならエスワイシーにお任せください。 手形割引の即日現金化、手形割引の割引率や年率のことならエスワイシーにお任せください。 このエントリーをはてなブックマークに追加

Index of all entries

Home > 2010年09月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。